大事なこと
なんだか、騒がしいニュースが続く今日この頃。
今、お騒がせの事件の詳細は、ニュースや他のメディアで、次々と配信されるので、
あえて、ここで事細かに書くつもりはありません。
でも、今年の元旦に、今の事件を象徴するような、コラムを読んだ。



朝日新聞の元旦特別版だったと記憶しているんだけど、リリー氏がとてもいいコラムを
書いていた。リリーというと、テレビのバラエティーにも出ている不思議なお兄さん(おっさん?)という印象を持っている人もいるかもしれないが、彼はイラストレーターでありライターで
あり、作家というマルチな人。まぁ、基本はちょっとエロく、美女論などを独自に展開してい
て、私は個人的に意外とファンだった。
で、去年、「東京タワー、オカンとボクと、時々、オトン」(扶桑社)という自叙伝的小説を発表して、これがなかなか評判がよく、それにちなんだ形で、元旦の朝日新聞に登場していた。

そこで、書かれていたのは、「東京タワーと六本木ヒルズ」の違いについて。
高度成長で地方から東京を目指していたころの東京タワーは、エネルギーを作り出す象徴
だったと。でも今、東京のランドマークは、東京タワーから六本木ヒルズに変わりつつある。
新しいシンボルの六本木ヒルズは、きらびやかだけどエネルギーを内側に、そして、さまざま
なものを壊しているような気がする、とリリー氏が書いていた。
東京タワーがシンボルだった時代はお金だけじゃない、もっとやんちゃな夢があった。
でも、ヒルズにはそんな夢が感じられないと書いていた。

妙に、その記事が心に残っていた。
仕事でよく、ヒルズに出向くことがあるが、イマイチ愛せない場所。
すべてが虚像で、なにか物足りない。有名シェフのチョコもワインショップもなんだか
ちっとも足が向かない。

海外の雑誌が日本を紹介したり、また、日本で撮影した写真集などにヒルズがバックに
使われることも多くなっているが、そのたびに、なんかため息が出ていた。

そんな気持ちだったときに、あんな事件が起きた。
ニュースを観ての第一声は、「リリーってすごいな」だった(笑)。

でも、まさに、この事件は起こるべきして起こったような気がする。
もちろん、お金も大事、権力を勝ち得ることも大事かもしれないが、
その根底にあるものは純粋な「Passion」でなくてはダメな気がする。
なんだかうまくいえないけれど。

私は何年経ってもうだつも上がらないし、お金もたまらない。
10年前に夢見た生活を手に入れられているかといえば、そうでもない。
でも、「Passion」だけは、変わっていない気がする。
それに、ちょっとしたことで喜んで、笑ったり泣いたりできるエネルギーも持っている。
こんなことを書くつもりはなかったんだけど(笑)。
でも、ヒョシン君のMVでこんなにも感動できる自分って、安上がりかもしれないけど、
結構幸せなんじゃないかな、と朝っぱらから感じてしまったもので....(笑)。


<映像配信終了です>
by narannoruja | 2006-01-26 07:47 | Hyoshin Talk
<< ソン・ソギョンさんにちなんで ヒョシン比べ② >>