大変な職業
月曜日にMさんとブルーノートで、ノーマン・ブラウンとピーボ・ブライソン
のライブを観てきました。
最近続いている「往年の大スター」のライブ鑑賞^^
ノーマン・ブラウンは過去にも1度見たことがあり、相変わらず元気でイキがいい
ギターワークを魅せてくれました♪




あ、ピーボ・ブライソンは、ヒョシン君がAnnと名デュエットをした「A Whole New World」
の元歌を歌っている方です。80年代には、ヒットソングを連発し、伸びやかなラブソングは、
映画のOSTなどでよく使われたりしている人でした。
私は、もう少し泥臭い歌い方、ディープボイスのシンガーが好きなので、ピーボはあまり
興味がなかったのですが、まぁ、歌は大変ウマイ方だと思います。

で、ブルーノートに現れたピーボは、なんか檀家からたくさんお金を巻き上げていいもの
食べて太ってしまったお坊さんみたいでした(外見・笑)。まるでだるまさん^^
いやいや、初日だったこともあり、旅の疲れか声が出ていなかったり、なんと自分の歌の
歌いだしを間違え、オチャメに照れるという場面などがあり、いいおっさんなんだな~、
ということはわかりました。でも、最近続いている往年スターシリーズで、ちょっと懸念する
のが、やっぱり昔ほどみんな声にハリがなくなっていること。やっぱり声も年をとるのかな。
まぁ、それよりもちょっとどの方もちと具合が悪そうだったりするのが、気になる。

ブラックの方は、遺伝的に糖尿病になりやすい傾向があり、高血圧も多い。
しかも、シンガーは声量を上げるために、体をわざと大きくする(オペラ歌手と同じですが、
私はただ単に不摂生で太った人が多いと思いますが・笑)。そのため、年を重ねると
ともに、病気になってしまう人が多いという。ヒョシン君がリスペクトしていたルーサーも
しかり・・・・。
まぁ、身も心も健康でないと、声のハリは当然失われてしまうわけで。シンガーが自分の
ベストの声を維持するってことは本当に並大抵のことではないと、ちょっと老いたシンガー
たちを観て感じたりしています。ヒョシン君も大変な職種を選んでしまったのよね。

と、ちょっとしんみりしましたが、ピーボはさておき、ノーマン・ブラウンは終始楽しそうに、
ギターワークしていて、もうギターは腕の延長みたいでした^^ 軽快でノリノリで、彼の
テンションが周囲を明るくする感じ、とっても好きです^^

で、ライブの中間で、ノーマン・ブラウンが「天国にいるルーサーに捧げます」とMC。
Mさんと「え! ルーサーじゃん!!」と目配せしていたら、奏で出した曲は、なんと
「ANY LOVE」(爆)。終始ニコニコの私たち^^ 
「ウンミョンだね^^ でも、こんな最高な演奏でヒョシン君が歌ったらと想像しただけで
鳥肌ものだったね」と終わった後に盛り上がりました♪

と、いうことでヒョシン君のANYLOVEを、といいたいところですが、音質がいい音源が
ないので、整備していずれ裏でアップします^^

で、今日の1曲は、ノーマン・ブラウンともピーボとも関係ないのですが、ちょっとかわいい
映像を見つけたので。プロモーションビデオなんですが、珍しくヒョシン君が「演技」を
ちょいとしています(爆)。チョ・ソンモやソン・シギョンさんのように、フルに演技している
わけではないのですが、苦悩した男の役は、なかなかかわいい^^」
でも、ヒョシン君のPVって基本的に暗い・・・曲的に仕方ないのでしょうが、おちゃめな
演技もみたいですね。ぜひ^^


2集の2曲目のPV
♪동경(憧憬)
映像配信は終了しました。
by narannoruja | 2006-02-08 10:45 | Hyoshin Talk
<< 古きよきもの 雪の華チーム >>