「ゴメンね」のニュアンス
昨日から、ヒョシン君のルーサーとご本家ルーサーの聴き比べをひとりひそかに楽しんで
いました(暗いかしら・笑)。
以前、アップしたソウル記者の方が書かれたBreathe Againのヒョシン君評。
あそこでもご本家とヒョシン君の違いがなかなかナイスな視点で書かれていた。
よく、メディアなどでは「ルーサーにそっくりな歌い方」とヒョシン君を賞賛するけど、
私はぶっちゃけあまりそうは思いません。たしかに、ヒョシン君はたくさんルーサーを
聴き込んだはずだから、当然ブレスのタイミングやこぶしを回すポイントも巻末入れずに
似てくるのは、当然のことだと思うのです。



それに、「そっくり」ってあまりほめ言葉ではないと思えてならないのです^^
最近、向こうのメディアなどで、ヒョシン君情報をピックアップしているとよく
引っかかるのが、「○○は、パク・ヒョシンにそっくりな声質や風貌で」とか、
「第二のパク・ヒョシンのような太い声質で、、」とか書かれている新人アーティスト
情報が出てくるんだけど、そのたびなぜか力が抜けます(笑)。
「○○さんのような大陸的で声量がある歌い方」というならいいけど、「そっくり」って。
試しに聴いてみると、「別に似てないじゃん....」と私を萎えさせることがたびたび(笑)。
きっと「パク・ヒョシン」=歌がウマイという形容詞、という感じに最近は捉えていますが、
うまいから形容されるのでしょうが、でも、たとえば、ヒョシン君に「ルーサーそっくりだよね」
と言うよりも「ルーサーの歌をヒョシン君として素敵に歌いこなしている」というほうが、
うれしい気がするのでは.....、と細かいのですが、ヒョシン君のルーサー曲を何度も聴いて
そんなことを思うようになりました^^

私は、ヒョシン君のルーサー・ナンバーで一番好きなのは、「I'd rather」という曲。
ルーサーの曲自体がドラマチックで好きなのですが、なんかヒョシン君が歌うと
ルーサーよりもけなげな男心が伝わってくるのです。

この歌(念のため、英文歌詞添えます)、うまくいかなくなった男女を歌った歌なんですが、
完璧に男目線の歌。彼女をおいて、家を出た男は、街をさまよいまた、新しい恋と出会う
わけです。「彼女がきっと君の代わりになる」と一時は思い込んで、前カノを忘れようと
するわけです。でも、そうは問屋がおろさなかった(笑)。
誰かの代わりなんて恋が時間の無駄であったことに気づく男。
君がいない人生なんて、自分にとって何も意味がないことだと、前カノを失って気づく男。
あぁ、男のダメさ、全開(爆)。

そして、男はこういうのです。
「君と苦労するほうがいい。誰かといい時間を過ごすよりも...」
「嵐の中でも君のそばにいるほうがいい。安全な場所にひとりでいるよりも....」と
ある意味女々しく、自分のおろかさを歌い上げるわけです。
そして、「ボクの心をつかんでくれている人にそばにいてほしいんだよ」と嘆くのです。
あぁ、男って情けない(笑)。

これがルーサーだと、男のズルさがちょろりと見えて、「こいつこんな風に言っているけど
また同じことしでかすに違いない。だまされちゃダメよ!!! あぁぁ、でも、いい男なんだ
よね~。参ったね~」って感じに受け取るわけです、私としては(爆)。

でも、ヒョシン君だと、「本当にボク間違っていたよ、こんなことに気づかないボクって
おろかだよね? 戻ってきてくれるかい? チョンマル ミアネヨぉぉぉぉ.....」と
謝罪が全面的にアプローチされている気がするわけです。

これ、ヒョシン君が好きだから思うのかしら? とずっと考えていたんですが、
いえいえ、それももちろん否定はしません(笑)。でも、声質と彼が込めている思いが
やっぱりこっちよりなんじゃないかと思うわけです。あ、本音は違ったらどうしよう(爆)。

なんてこと考えながら、曲を聴くとなかなか楽しめますよ^^ お勧めです。
他のルーサーの曲も時間があったら自分なりの違いをレポしたいと思っています。

と、いうことで、今日はI'd ratherをお届けします。ヒョシン君は残念ながら
きれいな音源がないので、Breathe Againのライブ前にTVで練習模様がレポさ
れた物の中から。アカペラで少しI'd ratherを歌っていますので。歌詞も読んで
みてくださいませ^^ ルーサー版は裏でアップしますので。

I'd rather   by Luther Vandross

I thought sometime alone
was what we really needed
you said this time would hurt more than it helps
but I couldn't see that
I thought it was the end
of a beautiful story
and so I left the one I loved at home to be alone (alone)
and I tried to find
out if this one thing is true
that I'm nothing without you
I know better now
and I've had a change of heart

I'd rather have bad times with you, than good times with someone else
I'd rather be beside you in a storm, than safe and warm by myself
I'd rather have hard times together, than to have it easy apart
I'd rather have the one who holds my heart
whoo-oo-oo-oo yeah

And then I met someone
and thought she could replace you
we got a long just fine
we wasted time because she was not you
we had a lot of fun
though we knew we were faking
love was not impressed with our connection they were all lies, all lies
so I'm here cause I found this one thing is true
that I'm nothing without you
I know better now
and I've had a change of heart

I'd rather have bad times with you, than good times with someone else
I'd rather be beside you in a storm, than safe and warm by myself
I'd rather have hard times together, than to have it easy apart
I'd rather have the one who holds my heart
who holds my heart

I can't blame you if you turn away from me, like I've done you,
I can only prove the things I say with time,
please be mine,

I'd rather have bad times with (please be mine) you,
than good times with someone else (I know)
I'd rather be beside you in a storm (anytime),
than safe and warm by myself (so sure baby)
I'd rather have hard times to gether,
than to have it easy apart
I'd rather have the one who holds my heart (my heart)

I'd rather have bad times with you (surely),
than good times with someone else (surely)
I'd rather be beside you in a storm (oh yeah),
than safe and warm by myself (all by myself)
I'd rather have hard times together,
than to have it easy apart (you know it)
I'd rather have the one who holds my heart

I'd rather have the one who holds my heart
I'd rather have the one who holds my heart
whoooo.....who holds my heart

KMTV 2005.09.16 Brethe Again リハーサル風景

映像配信は終わりました。
by narannoruja | 2006-02-12 13:29 | Hyoshin Talk
<< こんな雨の夜は 古きよきもの >>