R&B女性編
先日、独断と偏見の男性編をアップしましたが、今回は第二弾^^
女性編をアップします。女性モノも、R&Bシンガーは素敵な人がたくさんいます^^
ちょっとヒョシン君と絡める意味で、コラボ&チングシンガー系の声質のシンガーを
集めてみました。さらに、女性の歌ですが、ヒョシン君に歌ってほしいな~と思うシンガー
も(イ・ソラの曲しかり、ヒョシン君の声は女性シンガーの歌もこなせる声質ですよね^^)。
ホイットニーとか、ジャネットというメジャーどころはかつあいしました。
ちょっと穴で、でも、落とせない~♪ という素敵な女性ヴォーカル。
偏っていたら、ミアネヨ~^^




男性編と同じように、名前をクリックすると、amazonにリンクしているので、飛びます。
ショートですが、real playerで視聴できるページに飛ぶので、気になるアーティストが
いましたら、聴いてみてくださいませ♪

■チョン・ソヨン姐のような深い声が好みの人に

e0086672_317104.jpgTONI BRAXTON
ソヨン姐の声をはじめて聴いたときに、思い出したのが、このシンガー。とても深い声でしかも歌唱力は抜群。デビュー曲は、"Breathe Again"というタイトルで、男性編でも紹介したベビーフェイスという人が作曲&プロデュース。かなり難度が高い曲ですが、名曲。デビュー当時は、昔の森昌子みたいな髪型で、歌はウマイけど、見た目には冴えないお姉さんだったのですが、磨きがかかり、今ではとってもセクシー系に変身。かなりメロウで情熱的な曲を情感たっぷりに歌い上げる人。まずは、Breathe againを視聴されるとよいかも^^

e0086672_3252642.jpgCassandra Wilson
ヒョシン君のライブを始めてみたときにも、いい意味でトリハダがたちまくり、かなりびっくりしました^^ 実は、ライブトリハダランキング(何だ、これ・笑)で、ベスト3を選ぶとすると、ヒョシン君ともうひとりJAZZラップ系のアーティストと、そして、このカサンドラ姐さん。bluenoteで観たのですが、あまりの感動に、知らぬ間に涙・・・。なんか、心臓をつかんで離さない声でした。特に、シンディー・ローパーのヒット曲の"Time After Time"のカヴァー曲は、まったく違うスローアレンジで、この曲を聴くと無条件に涙・・・。なんか、過去とかすべてを許してしまう歌い方をする人だな~と思うのです。ショートですが、ぜひ"Time~"を聴いてみてくださいませ。クセがある声ですが、深いです。

e0086672_3351793.jpgSade
80年代に"スムース・オペレーター"という曲がヒットしたので、ご存知の方も多いはず。あの当時もとてもおしゃれでしたが、彼女まだまだがんばっています^^ ヒット曲の後、結婚、出産と女性としての人生を歩みながらも、さまざまな挫折を経て復活。そんな人生の岐路を過ぎて、人間としても成熟した後に出した、このアルバムは、聴いていると妙に和む大好きな作品。中でも、1曲目の"By your side"は、曲も詩もとてもいい曲だな~と思います^^ アレンジを少し変えて、ヒョシン君にも歌って欲しいな~と思う曲だったりします^^

e0086672_344277.jpgTracy Chapman
正確に言えば、R&Bというよりもアコスティックソウルという感じ。ソヨン姐系に入るかというと微妙ですが、深い声という点では共通かと(ちょっと強引・・・^^)。でも、初めて聴いたときに、"この男性シンガーいいな~!"と思ったら女性だってことで、かなりびっくり。それぐらい深い声をしています。でも、一度聴くと病み付きになる声。友人が生ライブで聴いたら、もっとよかったと言っていて、ぜひとも一度ライブが観てみたいと思っている人です。もう16年ぐらいファンですが、いつ聴いても新しい気持ちで聴けるシンガーなのです。

■イム・ジョンヒ的ソウルフルでパワフルな歌い方が好きな人に

e0086672_3544967.jpgAlicia Keys
2001年にデビューしてすぐに、このアルバムが話題になって、グラミー賞を受賞。まさに久々に天才少女現る、って感じなほど話題になった人です。打ち込み主体になっていたR&B界で、ピアノの弾き語りというライブ感にこだわった歌い方は、当時とても新鮮。しかも、かなりパンチがあるパワフルな歌い方で、初めて聴いたときにびっくりしました。ヒット曲にもなった"Fallin'"という曲は、いや~、なかなかすごいです。他にも、パンチがある系だとメアリーJブライジとかローリン・ヒルもウマイですね^^

■その他のぜひ聴いて欲しい女性シンガー

e0086672_431294.jpgOleta Adams
男性シンガーと同じように、最近うまいな、いい曲だなと思うのは、USよりもUKものが多いかも。彼女もちょっとジャジーなフレイバーがおしゃれでソウルフルなシンガー。R&Bフリークの間では、かなりマニアックなファンが多い人です^^ 非常に伸びやかな声で、独特な歌い方をする人。何度聴いても飽きないアルバムです。

e0086672_483617.jpgEyrkah Badu
97年に出たこのアルバムは、R&B史に残る名作。今までにない独特なエリカ・バドゥの世界観と超気だるい後乗りのリズム・・・聴いているうちに麻薬的にハマってしまうから不思議。当時、かなりハマって、横浜で行われたライブにも行ったのですが、これがまたなんとも気だるいライブで、宇宙だの子宮だのと一体に、という彼女独自の哲学を前面にアプローチ。パフォーマンスも相当おもしろかったです。ニュークラシックソウル系が好きという人は、ぜひ聴くべき1枚。

e0086672_415698.jpgAngie Stone
エリカ・バドゥでは気だる過ぎる・・・、もしくは、エリカが気に入ったという人に、お勧めしたいのが、彼女。彼女もかなりグルーブ感がある深いソウル系で、かなりハマってライブなどにも何度か行きました。生もとっても迫力がある人。この人、D'Angeloの妻(子供出産)だったこともある人で、まぁ、あの手が好きな人には、かなりコアなファンがいます^^

■濃い目よりももう少しあっさり系でいい曲を聴きたい人に

e0086672_4212919.jpgTerry Ellis
あまりヘビィなものばかりでは胸焼けしてしまうと思うので^^; 最後の曲はあっさり系で締めます。今日紹介したCDはすべてヘビロテで何年も聴いているものばかりですが、中でもかなり聞き込んでいるのは、濃い目系ではなく、実はこのアルバム。おとといアップしたヒョシン君コラボの記事にもリンクを張りましたが、Lisaを聴いたときに、ちょっと彼女を思い出しました。彼女は、90年代に大人気だったアン・ヴォーグという超美形女性ヴォーカルグループのメンバー。ただキレイなだけかと思ったら、なかなかよい曲を歌っているんですよ、これが!! "Where ever you are"って曲など大好き過ぎて、聴きすぎ、そらで歌えるほど聞き込んでしまいました(笑)。透明感がある声が、なんだか切ない・・・とても女性らしい、それでいてタフなアルバムです。損はさせないアルバムですよん。
by narannoruja | 2006-04-30 04:27 | Hyoshin Talk
<< プチニュース@ヒョシン君の曲を... 公式ファンクラブ募集延期のお知らせ >>