ノレバンで思ったこと
土曜日の夜、仕事があけてから、Mさんとノレバンに^^
そこでちょっと感じたことがあり、ノレバンを出てから、ふたりで思い切り熱く語り
明かしてしまいました(笑)。



e0086672_3514956.jpg

ヒョシン君の歌ないしは、ヒョシン君がカヴァーした曲しか歌わない、と決めて、徹底した
"勝手にヒョシンナイト"をふたりで展開することにしたわけです(パボ・・・^^;)。
気分としては、まさに↑な気分で歌い込む気満々で挑んだわけです^^
ともに、i-podに入っているのは、ほぼヒョシン。もっとも聴いているのもヒョシン、って
ことで、とりあえず、イントロがかかれば歌えるわけです。私は、別の友人ともたまにノレバン
に行って練習(笑)をしていたりするので、自分なりに情感をこめている気分になっていたわ
けです。でも、初めてノレバンに行き、ヒョシン君の歌を自ら歌ったMさんが鋭い発言を・・・!
「やっぱりさ、ルビを追うだけとか、文字が読めるだけじゃ、エモーショナルな部分までは
伝わらないよね・・・。全然ダメだわ、ヒョシン君にはなれない・・・」
と。
もちろん、私たちはズブのド素人なんで、ヒョシン君の足元に及ばないことは重~々重~々
承知の助(笑)。ヒョシン君を目指そうなんて、大それた魂胆はありません(爆)。
でも、歌っていて感じたのは、歌詞を訳して意味を知っていても、一部意味を把握している
単語に関しては感情をこめることができても、でもそれはただ単語を言葉として読んでいる
に過ぎないわけです。ノレバンレベルならもちろん、それで楽しいからいいのです。
私たちも、そんなことを思いつつも、"ヒョシンに近づく宣言"などをして同じ曲を何度も
しつこく歌ってみたりしました(笑)。

でも、この「単語を読んでいるだけ」っていう感覚に、私とMさんはなーるほど、
と思ってしまったわけです。
例えば、ヒョシン君の歌が、聴いただけでは意味がわからない韓国語でも、心に
響いてくるのは、彼が韓国語の歌詞の中に込められている"情感"を表現して歌っているから。
私たちのようなただの単語として発しているのではなく、さまざまな思いを込めているから
心に響いてくるわけでです。
例えば、"좋은 사람(いい人)"のサビの
좋은 사람 사랑했었다면 헤어져도 슬픈게 아니야~のフレーズなど、韓国語が
わからずとも、言いたいことは伝わっていた気がするし。後で意味を読んで、思っていた
通りだ、と。それぐらい、伝わるもんなんだと実感したものです。

この"情感"ってヤツは、言葉の意味をじっくりと自分で味わって消化して、自分で深く感じ
得ないと、表現できない代物だと私は思うのです。
例えば、宇多田ヒカルの"firstlove"の歌詞に、ハングルでルビを振って、こんな内容が
書かれている、と韓国の歌手に説明しても、「明日の今頃、あなたはどこにいるんだろう・・・」
って部分のせつなさを日本語でどこまで表現できるかというと、難しいと思うわけです。
(宇多田を例に出したのは、たまたまです^^;)

ヒョシン君は歌が非常にうまいから、日本語の歌もある程度のクォリティで歌えると思う
のだけど、彼の中で100%消化できない情感を歌うよりは、彼が理解できる言語で、
きちんと自分の中で消化した上で、本当のエモーションを見せてくれるほうが、私は
聴きたいし、これが当たり前だとやっぱり思ってしまう。

Lisaとのデュエットの"With You"を聴いて、最初は、ずいぶん抑え目に歌っているな~
と思ったけど、あの曲を聴くにつけ、この歌い方は非常にエモーショナルだな~ということ
に最近気づきました。ただ激しい感情をぶつけるだけじゃなくて、切ない男の心理があの歌
い方には込められているんだと、聴いているうちにわかってきたのです。
歌にとって本当に大事なのは、こういったことで、理解しやすい言語の歌詞に変えるなんて
似非な仕掛けはもう必要ないんじゃないかな~と、またしみじみ思ったわけです。 

しつこいと思われる方もいるかもしれないけど、最近発売になった雑誌にもヒョシン君は
「歌手ではなく、アーティストと呼ばれるようになりたい」と発言しているのを見て、前以上に
日本語で歌うことにこだわらなくていいよ、と言ってあげたくなったのでした^^;
(もちろん、本人が歌いたいなら別ですけど^^)

ということで、今日は、3集の中の曲で"♪행복한가요(幸せですか)"
2003年インチョンライブより
ヒョシン君の歌から、意味を自分なりに想像してみるのもおもしろいと思いますよん^^
映像配信終了します。
by narannoruja | 2006-06-12 05:23 | Hyoshin Talk
<< ヒョシン君が生まれた頃のかの国 やっと正しい方向性になりそう^^ >>