ただいま^^
日本のほうが涼しいってぐらい、秋晴れが続いた韓国。
本日戻ってまいりました^^
仕事三昧の滞在だったので、日本にいるのと変わりなく
夜現地のテレビを観られることぐらいが楽しみだったかな^^;
ニュースも結局ネットで仕入れていたし。
でも、折りしも渡韓中にヒョシン君の新しいニュースがたくさん
入ってきたのはうれしかったですね^^
やっと、ヒョシン君も動き出したという感じですね。
予想としては、年内アルバム発売→年明けライブって感じ
でしょうか? ワクワクますねぇ~^^



といっても、韓国ではヒョシン君の情報もTVでオンエアーされる
わけでもなく、地味にネット検索で知りました^^;
今回、仕事関係の人に言われたのが、日本人の情報収集力と
行動力はすごい、ということ。
しかも、10~20代ではなく、30代以上のアジュンマの行動力に
ビックリしている人がとても多かったです。
でも、この"ビックリ"には、ちょっと軽い皮肉もあり、少し反省する
部分もありました。

というのも、ちょうど渡韓中に、行われていた釜山国際映画祭。
ここで、日本のアジュンマパワーがちょっと過剰にブレイクして
しまった様子。マスコミ用のプレスパスを利用して、関係者席や
関係者イベントにも出没していたペンがいたそうです。
まぁ、そういうものを流出させてしまった人も問題なのでしょうが、
ペンだったら"なんでもあり"、近くで観たいって欲望のままに
我を忘れてしまうのは、やっぱりスマートではないと思うのです。
このプレス席にファンがいるって現象は、日本でもちょっと問題に
なっているけど・・・・^^;

実際に韓国人の方も、過剰な熱狂ぶりにはちょっと、ドン引き気味
だったりしています。仕事先の韓国人のアジュシたちには、
「私の妻や母が、好きなタレントを追っかけて、外国に旅行するなんて
ことはありえない。韓国人にそういう感覚はありません」ときっぱりと
言われてしまった・・・^^; 日本人アジュンマをどう観ているのか?
と尋ねたら「ご主人や両親、子どもたちは何もいわないのかな?と
単純に思います」と非常にノーマルでシンプルなお答え。
「韓国の妻や母親は、家を留守にして遊びません」ときっぱり・・・・。
す、すいません・・・。
まぁ、そうですよね・・・・^^; 普通。

私自身も渡韓しては、音楽を聴きに行ったり、映画を観にいったりと、
好き勝手な人生を歩んでいるので、彼らの疑問や指摘には、
大きな顔はできなかったが、奇天烈な行動と思われるのは、
やっぱり悲しい・・・。
なんだか今回の出張は、"冷静と情熱のあいだに"なんて小説の
タイトルみたいなことを考えてしまったのでした^^;
まぁ、たまにはこんな反省も大事だと思うので。

まぁ、基本的に私はおっかけパワーの情熱はゼロ・・・。
本人に会う(正確には、会うではなく観るですね・・・)ことにあまり興味が
ないというのが正直なところ。目的はいい音楽!
最高のライブさえ聴ければ、それだけで充分♪
ヒョシン君の声を会場の最後尾からでもいいから、じっくり味わえる日を
静かに心待ちにしてみようと思う^^

ってことで、お帰りソングは、やっぱりこの歌かな。
私も"좋은 사람(いい人)"な人になりたいものです・・・・^^;
映像配信終了します。
by narannoruja | 2006-10-19 02:27 | Hyoshin Talk
<< 歌が好きといいながら^^; メッセージ告知の訂正と追加 さ... >>