うむ・・・ "パフューム"ね・・・^^;
ヒョシン君、映画"パフューム(邦題:パフューム ある人殺しの物語)"
の韓国版MVを担当することになった模様。
"추억은 사랑을 닮아(想い出は愛に似て)"と映画のシーンを
合体するらしいのですが・・・。どうかなぁ~、曲のイメージと
映画がちとかけ離れている気も・・・・^^;
なんで選ばれたんだろう??? と、素朴な疑問。



e0086672_1502996.jpg
というのも、実はこの映画、試写で観ました。小説も読んだことが
あるのですが、サスペンスタッチですが、サスペンスというよりも
やや変態さん(韓国語でいえば、ピョンテ)の映画ともいえます^^;
小説のほうが、おもしろいけど・・・^^;

南仏のステキな香水の話♪ なんてテイストでは一切ありません。
かなり甘美で淫靡で、アブノーマルなシーンも満載。
まぁ、簡単にいえば、臭覚異常というか臭覚に異常にこだわりを持つ
男が、理想の香りを求めて、女性を殺して、そこから香りを抜き取る
という、超変態さんいらっしゃいな映画です^^;

トム・ティグヴァっていうドイツの監督なのですが、彼の
「ラン・ローラ・ラン」って作品は好きなのですが、まぁ、この作品は
お金をかけて、華麗に豪華に変態さんを撮りましたね、というのが
個人的感想です・・・すいません、こんな感想で^^;
ただ、映像は変態ながらもとても美しく、中世話とかお好きな方は
たまらない甘美な雰囲気が出ていると思います。
あと、調合師役のダスティン・ホフマンが、なかなか味な演技をみ
せておりました。彼の舞台が好きな私としては、舞台風の台詞回
しが意外と好きだったかな・・・。
ネタばれになるので、詳しくはいえませんが、ラストシーンは
なかなか強烈です。個人的には映像は迫力でおもしろかったです
が、初デートではお勧めできません・・・(汗)。

しかし、この映画で、"추억은 사랑을 닮아(想い出は愛に似て)"
かぁ・・・・うむ・・・。ヒョシン君の声は、ある意味、甘美で今回の声
も高音が中性的な感じもするから、合うっちゃ合うのかな^^;
話の中身と、歌詞はまったくリンクしていないですが^^;

この映画にちなんで、ヒョシン君、世界にひとつしかない香水も
作ってもらう予定だそうですが、さわやかな香りであることを望み
ます。嗅いだらラストシーンのようなことになりませぬように(笑)。

それにしても、日本は、やっくんに陣内智則とは、ちと安いな・・・^^;

日本では今週から公開しているようです^^
興味がある方は、こちらをどうぞ。
by narannoruja | 2007-03-10 01:49 | Hyoshin News
<< 即興ポンチャック♪ なんと生Lost!!!! >>