ヘビロテにてT~T
もう、朝から晩まで"花信"がエンドレスでかかっている我が家^^;
なんか、聴くにつけ、いい曲じゃん!!!とかみしめ中です。
個人的には、"대조영"の"애상"よりも、かなり好きかも♪
うまくいえないのですが、"애상"は非常に、韓国の史劇
のテーマソングだわぁぁぁ! って展開だったのですが、今回の
"花信"は、韓国ならではのコテコテ感がないんですよね。
これはやはり吉俣良氏が音を担当したからなんでしょうか?
なんか、非常にやわらかく落ち着いた感じが、今までにない
ヒョシン君パターンな気がします^^




5集から、ヒョシン君が歌い方をソフトな感じに変えた、と言って
いましたが、正直、5集のアルバムでは、個人的にはそんなに
ソフトになったってほどでもないかもなぁ~と思っていました。
やわらかく歌うという歌の幅をこれから増やしていくのね^^ とい
序章的に楽しませてもらった(もちろん大好きなアルバムです!!)
感じでしたが、この"花信"は、なんか、無駄な力が抜けていて、
それでいてちょっと大人の切ない感じが詰まっていて、なんだか
非常に刺さるんですよね・・・T~T
カスミ アッパヨぉぉぉ・・・。

若いころの恋はまっすぐ過ぎて、それはそれでエモーショナルで
素敵だけど身も心もボロボロになってしまうというか・・・。
いくつかの恋を経て、昔のように燃えるような想いはなくなったけど、
静かに確かめ合う恋ができるようになった・・・。

とでもいうのでしょうか、恋に例えるとしたら(笑)。
あ、これ別にヒョシン君がこういう恋ができるようになったとかそういう
ことではないですよ^^; あくまでもイメージっていうか、入ってくる
感じがね・・・^^;

自分は、ボロボロな恋も大人の恋もしちゃいないもんで・・・^^;
とりあえず、ヒョシン君のより充実した変化に聴きほれることにします^^

あ、歌詞の全貌が明らかになったので、ノレバンblogに書き足しました^^
お暇なときに♪
by narannoruja | 2008-06-09 01:36 | Hyoshin Talk
<< ド田舎ノレバン中^^; 6月16日ost発売!! >>