モアリズム LIVE
先日の"ディア・ドクター"イベントに引き続き、またも参戦しちゃった
モアリズムのライブ。またも三多摩出身にはうれしい中央線シリーズ
で、吉祥寺のStar pine's cafeにて、濃厚凝縮徳盛状態の
メッチャ充実のライブでした^^

今日も、西川美和監督もまたも参戦^^
豪雨の中、ライブハウスの近くでお茶をしていたら隣にあまりにきれい
な人いたもんだから、顔を観たら美和監督だったんでびっくり^^;
でも、私って・・・ファンだとなんか申し訳なくって話ができないのだな^^;
もう、美和監督に聴きたいこと話したいことがありすぎて、頭の中が
またも整理できず・・・話しかけられず・・・。情けない自分・・・^^;

しかしながら、モアリズム。すっかりドツボです!



ブルージーなメロディラインなんだけど、よくあるメタメタ男のブルー
スでんがな!コテコテ・・・つーのとはまったく違って、ナカムラ氏
が作り出す世界は非常にスウィート。甘~くけだるい空気感が非常
に心地よいのですよ。しかも、歌詞がいいね。
一時、日本語の歌詞が耳にダイレクトに入ってくるのが面倒で海外
の曲ばかり聴いていたけど、彼の書く歌詞はなんかスウィートなん
だけど、言葉選びがちょっと文学的だったり、韻を踏むっていうより
配列に密かにこだわっていたりと、ちょっと面白いものが多い。
そして、甘味の中にそこはかとなく漂う人間の不条理と真理と切なさ。
思いもよらないところで、ぐっさりと心臓に矢が刺さってしまうことも
多かった。

さらに、ナカムラ氏のMCがメッチャおもしろい^~^
ドラマーのピストン川原氏の芸達者なところもかなりツボっす!!!
しかも川原氏の驚くほど華麗なる経歴!!! 彼の人生だけで小説
になりそうだということも判明。このあたり、真相を突き詰めてから
ネタにしたいと思います(って誰も望んでいないかもしれませんが^^;)。

さらに、今日はずーーーーと気になっていた
"マウンテン モカ キリマンジャロ"が前座で参戦。彼らもオサレで、
音もしっかりしていて、なかなかよいファンクバンドだなぁ。
また観てみたいと思いました。がっつりと^^

で、さらになかなかよかったのが、映画"ディアドクター"の冒頭で、
チャリンコに乗ったちょっとアホな青年を素か演技かわからないリアル
さで演じていた役者が、役者ではなく、これまたコアなファンが多い
デルタ兄弟というバンドの今野昌氏だったということが判明。
彼のシブーーーーーイ、ブルースハープ(ハーモニカ)も映画と同じ
感じで披露してくれて、これまた大拍手♪
あぁ、去年からずっと思っているけど、ブルースハープふけるように
なりたいなぁ・・・。

ここ10年以上、日本のバンドを一切聞かなくなっていた私は大反省。
映画やドラマも日本よりも洋画や韓国モノのほうがおもしろい!と
決めつけていたけど、はたと気づいたら日本映画の一部はいい感じに
成熟し始めていて、音楽もそれと同様なことが起きていたのだった。
「日本モノはね・・・」なんて生意気言ってみても真実にたどりついていな
かったのは自分だったということを今日もしみじみ感じた次第。
木を見て森を見ず、ではなく、私は遠い森ばかり見て近くに咲く花や木々
の美しさに気づいていなかったというお馬鹿さんでした。

でも、遅くない。これから近くの花をたくさん探してみよう^^

モアリズム@果てしなく遠くへ


MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO

by narannoruja | 2009-07-25 01:03 | yomoyama@enta
<< 気分はもう秋^^; No Boys No Cry >>