Breathe Again 2005 Encore in 延世大学 1119&1120 ①
e0086672_21131340.jpg
レポアップがすっかり遅くなってしまって、すいませんでした。
1週間前のちょうど今頃、あの曲を聴いていた頃だな……、なんて、今でもなんだか胸が熱くなります。感激しがちなタチではありますが、感激を文字にするのは意外と好きで、いつもスルッと書いてしまうのですが、今回は困りました(笑)。あまりに感動すると、書けないものなのだな~と。特に、今年最後のヒョシン君ということで、気持ちが妙に高ぶってしまったようです(笑)。会場ではあまりに浮かれてノッていた部分もあるので、曲順、内容に誤差があるかもしれませんが、それは“ノリ”ってことでお許しくださいませ。
今回は、長くなりそうなので、ライブと同じ3部構成を1部ずつで区切ってお届けすることにしました。まずは、オープニングからの第一部をお楽しみください!
さぁ、一週間遅れになりましたが……、



9月22日から始まった、パク・ヒョシンの“Breathe Again”の全国ツアー。
毎回満員御礼で、ついにアンコール公演が催されることに。
アンコール公演の会場は、ソウルの中心にほど近い、新村駅にある延世大学の大講堂。この延世大学、“ラブ・ストーリー”などさまざまな映画のロケなどに使われ、なかなか美しい大学。しかも、音楽イベントも多く開かれていて、ミュージシャンライブの聖地とも言われる場所。延世でライブを一度聴いてみたと思っていたので、ワクワク気分も頂点に♪
e0086672_21151678.jpg地下鉄の新村駅に着くと、大学通りには、ペンライト売りのおばちゃんやおっさんがいっぱい。そう、韓国でライブを観るときに欠かせないアイテムは、なんといってもペンライト(爆)。私も、前回のソウル公演で購入してしまいました。人生初のペンライト(爆)。しかも、“Breathe Again”と書かれているオリジナル♪ このペンライト、中が入れ替えられるシステムになっていて、ヒョシン君の前のライブバージョンもある。今回、東京からペンライト持参しようかと思ったんですが、M女史との討議の結果、“ライブに行くたびにペンライトを集めよう企画”、が持ち上がり、前回のペンライトはお留守番することに。と、こ、ろ、が!! なかったんです。オリジナルのペンライト販売。し、しまった!! ということで、軽く落ち込みながら、仕方なく普通のペンライトをおっちゃんから急遽購入。でも、公式ペンライト(?)と同じ色のブルーをセレクト! そして、いざ会場席へ。
前回の韓電アートセンターはクラシックなどの公演を多くやっているせいか、音響がなかなか素晴らしかった。今回の延世は老舗というだけあって、ちと古め。でも、相変わらず会場はなんともミニマム♪ 日本のコンサート会場に比べると、舞台が近く感じるのはなんでなんでしょうか?

◆Ⅰオープニング~1部◆
11月19日の初日は、19時半公演だったのですが、開始はやや遅れて20時ちょっと前。外で中に入るのに、並んでいると、楽屋裏がちょろりとみえたりして、前のティーンエイジャーのアガシたちは、「ちょっとヒョシンオッパじゃない??」「ひゃっ!! ホント!?」と盛り上がっていました。私もいっしょになって、背伸びしたけど、アガシたちにとって、ヒョシン君はオッパなんだ……、と軽く落ち込んでみたりして(笑)。
20日の2日目公演は、少し遅れたけど、ほぼ定刻通りの19時少し過ぎにスタート。

まず、前回の公演と同じで、スクリーンには、Breathe Againの文字が大きく浮かび上がり、赤い玉がヒュンヒュンと飛んできて、それが、ソウル、釜山、テグ、水原……とヒョシン君がライブをした会場の名前が次々と登場する。あぁ、アンコール公演なんだ、と、オープニングから妙に感動させてくれるスタート。そして、再び、“ソウル”と文字が浮かびあがったと共に、

■第1曲目は、【NEO CLASSICISM】の1曲目から
“사랑 사랑 사랑(愛・愛・愛)”

のメロディが流れ出し、スクリーンの裏に舞台下からヒョシン君のシルエットがニョキニョキと浮かび上がってくる! うぉぉぉぉ!! 会場は初っぱなから超盛り上がり!!
で、天使のようにヒョシン君が両手を広げたとほぼ同時に、前のスクリーンがストンと落ちて、歌い出し!! で、みんなここで唖然!!!
ヒョシン君の髪がない!!!!
ソウル公演のときも、急にドレッドに変身して周囲をアッと驚かせたが、今回もやってくれちゃいました! 長いドレッドをバッサリと切って、ベリーショート! 後ろのアガシ、「モッチダァ!!!!!」と叫びまくっていました(爆)。ソウルのペンたちは、おさるさん系とかお坊さんみたいでカワイイなどと言っていましたが、チンチャカワイイ♪ ルックスよりも声惚れでしたが、最近はルックスにもかなり墜ち始めています(告白・笑)。
e0086672_21223224.jpg

*このショートカットの画像は、Breathe Againのものではありません。
その2日後に行われたLynのライブのときのものです。


衣装は前回のときとほぼ同じイメージで、グランジっぽいラップスカートスタイル。茶系ベースで、前回よりも似合っている気がしました♪
で、そのまま続いて一気に、

■第2曲目は、第4集、【SOUL TREE】の2曲目
から“Hey U Come on”

もう、この曲はヒョシンワールドの中でも、今一番好きな曲なので、私のノリノリテンションはこの時点ですでにMAX(笑)。っていうか、この曲歌うときのヒョシン君は本当にチンチャCOOOOOOLなんですっ! ダンスもセクシーで、片手を真横に伸ばして、指を鳴らしてリズムを取るフリがあるんだけど、あれは何度観ても墜ちます。素敵すぎ!

ここまでノリのいい曲を一気に2曲歌ったヒョシン君。歌い終わるとちょっと息切れ気味(笑)。歌っているときは、全然息切れしないのにね。すごい。で、お水を飲みながら、「心臓が大変、ちょっと待ってね……」、と気を静めて。でも、本人もテンションが高くなっているのか、心臓を何度も押さえていたので、ちょっと心配に(笑)。
で、ここで、「髪型変わったけど、どうですか?」なんて会話があり、スクリーンには、ヒョシン君のドレッドのときの髪型がアップで、しかも後ろ姿まで詳細に映し出されてちょっと会場爆笑。元気のいいアガシたちが、「大丈夫よ!すっごくハンサムよ!」とか声をかけてあげて、頭をかきかきちょっと照れるヒョシン君。
最初からスタンディング状態だったので、まずは、みんな座りましょうと、着席(笑)。
で、ここで、ヒョシン君、今までの“Breathe Again”ツアーの想い出などを語り初めて、デビュー6周年のお祝いをサプライズでしてくれた大田公演の映像が、スクリーンにアップ。「知らなくて、すごくびっくりしたんですよ、本当に」とか言いながら歌といっしょに、6周年祝いのケーキを目の前に、ボロ泣きしている映像に、またも照れ笑いのヒョシン君。そして、その映像を観ながら、またみんなからも「おめでとう!」と拍手。どっちかっていうと、初日のファンたちのほうがノリがよくて、ヒョシン君も照れ笑いが多かったかも。2日目はみんな最後の最後だぞ!というナーバスな気持ちがあったのか、少しテンションが不思議な感じだった。

で、次の曲は、
■第3曲目は、【NEO CLASSICISM】の8曲目から
“넌 언제나(あなたはいつも)”
個人的に、この曲の歌い方は、2日目のほうがよかった気がしました。なんか本当に微妙にだけど、歌い方変えているよね? と思うのは私だけでしょうか。もちろん、ヒョシンレベルのうまさはキープしつつの変化なんだけど(笑)。超オタク発言なんだが、そんなところを感じられるのもライブの魅力なのかもしれません。

■第4曲目は、第4集【SOUL TREE】の1曲目から
“나처럼(僕のように)”
■第5曲目は、第1集【Park Hyo Shin】の2曲目から
“바보(馬鹿)”

4曲目までは、前回のソウル公演と曲目も曲順も同じでした。同じ構成かな? と思ったところ、いや、ヒョシン君はそんなことでは満足しないと実感! 
4曲目の名曲“나처럼”は、スローなアレンジに変わっていて、スムースジャズ的な感じでオシャレ度アップ! かなり好きな曲なので、これで興奮していたら、次の曲で倒れるかと思いましたっ!“바보(馬鹿)”っていうのは、デビュー当時のヒット曲なのですが、これをボサノバチックなアレンジにチェンジ! これがもうチンチャよかった!! 会場からも「おぉぉ!」とため息が漏れていました。ヒョシン君の音楽性もデビュー当時とは変わっている部分もあるし、声質もより深みが出ているから、昔の曲をリメイクしてCD化したらいいのに、と思って聴いていたら、ファンの子たちも「リメイクして!!」と声援。ヒョシン君自身も「これ、リメイクした方がいいですか?」という質問を。みんなすかさず、「もちろん!」とか「デー」の嵐。そうそう!! リメイクして!!!絶対と思いました。いや、“바보(馬鹿)”はいい曲だけど、前のアレンジよりもボサノバ“바보(馬鹿)”チンチャ気に入りました!

そして、リメイクアルバムの“NEO CLASSICISM”などの想い出話をMCでしながら、ツアーでは、リメイクアルバム以外に、大好きなエリック・ベネイの歌を歌ったんですよ、という話に。で、ツアーで歌っていた、Eric Benetの新譜【Hurricane】の5曲目から
“My Prayer”をアカペラで少し披露。おぉぉぉぉ、アカペラがいいのですよ、何とも!! ぜひ、“MTV UNPLUGGED”みたいな構成のライブもしてね、いずれ!!
で、「今回は違うエリック・ベネイの曲を歌います。この曲も好きな曲です」
ということで、

■第6曲目は、Eric Benetの新譜【Hurricane】の12曲目から
“Cracks of my broken heart”
前回の“My Prayer”もよかったけど、これもなかなか。ツアーで忙しかったのに、どうしてこう新しい曲を歌えてしまうの? しかも完璧に! 努力もしているだろうけど、いや、凡人にはできませんからっ! ヒョシン君の天才的才能をまたも観た思いがした。この曲も家に帰って、ベネイ版聴いたが、ごめん、本家よりもヒョシン版が好きかもゞ あれ? ベネイも大好きなんですけどね……。

で、次の曲が終わったら、ちょっと衣装を替えますと言って、
■第7曲目は、【NEO CLASSICISM】の10曲目から
“가을편지(秋の手紙)”

また、舞台に幕が下りてきて、そこがスクリーンになって、秋の映像が映し出される。その前にヒョシン君が立って、最初は舞台向かって右側から、中央、最後左側と少しずつ歌って移動していく。深まった秋にこの曲を聴くと、また感じる部分が違うな、と思いながら。曲が終わると、ストンと幕が下りて暗転(2日目はちょっと幕が墜ちるのが遅かったかな。少し小道具に不具合があって、ヒョシン君それをギャグにしていました・笑)

で、着がえている間、素敵なゲストが出ます。ということで、1部は終了。
ライブレポ②をお待ちください。
by narannoruja | 2005-11-26 21:50 | Live2005 in Korea
<< Breathe Again 2... 帰りました! >>